絶対妊娠したくない人のためのアフターピル
絶対妊娠したくない人のためのアフターピル   >   産後アフターピルは飲める?

産後アフターピルは飲める?

産後アフターピルは飲める?

産後は少なくとも数カ月の間、授乳をする女性が多いでしょう。
授乳期間中は飲んではいけない薬があったり、お酒を飲んではいけないなど、さまざまな制限があります。

では、アフターピルはどうなのでしょうか。
産後のセックスで避妊がちゃんとできなかった場合にアフターピルを飲んでも良いのか調べてみましょう。

黄体ホルモンのみのピルなら授乳中でもOK

アフターピルには黄体ホルモン(プロゲステロン)のみを含むものと、黄体ホルモンと卵胞ホルモン(エストロゲン)の2つを含むもの(混合ホルモン剤)があります。

黄体ホルモンのみを含むものは、授乳中でも問題ないとされています。
一方で、混合ホルモン剤は母乳の分泌に影響を与えるため、産後6ヵ月の服用は控えた方が良いと言われています。

授乳中にアフターピルを飲むとどんな影響があり得るのか

授乳中にアフターピルを飲むと、下記のような影響が起こり得ます。

・母乳の量が減る
・母乳の味が変わる
・赤ちゃんの黄疸発症率が上がる
・乳房肥大

混合ホルモン剤の場合、母乳の量と質に影響を与え、母乳が一時的に減ったり味が変わることで赤ちゃんが飲んでくれないということが考えられます。

また、混合ホルモン剤はエストロゲンが含まれていることで、その影響で赤ちゃんの黄疸発症率が上がると指摘されているのです。

さらに、エストロゲンの作用により、赤ちゃんの乳房が大きくなる乳房肥大も報告されています。
これは、女の子も男の子も発症する可能性があります。

産後にアフターピルを飲む際の注意点

アフターピルと一言で言っても、さまざまな種類があります。
基本的には、黄体ホルモンのみを含む錠剤を飲むようにしましょう。

なお、「エラ」(ella)と呼ばれるアフターピルは、他の錠剤と成分が異なり、これが母乳や赤ちゃんに与える影響が明らかにされていないため、服用を控えることを強くお勧めします。

Copyright(c) 2017 絶対妊娠したくない人のためのアフターピル All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com